アンチエイジング医療、予防医療に役立つ測定機器、検査をご紹介します。

会社概要 オンライン商談 facebook

03-5155-2030 メールでのお問い合わせ お見積依頼

ホーム > 活用事例

活用事例

  1. 手だけではかれる体組成計。タニタが新たなコンセプトを打ち出した”きっかけ”とは

    株式会社タニタ 久米川様 / 体組成計DC-13C

    2018年8月に、株式会社タニタより発売された業務用の両手間計測体組成計『DC-13C』は、手で計れるという新たなコンセプトです。『DC-13C』の特徴と、開発経緯を教えていただきました。

  2. 鎮静が速くダウンタイムも短い、患者様に喜ばれるコラーゲンマスク

    医療法人 容紘会 高梨医院 美容皮膚科様 / コラーゲンでつくられた究極純度のコラーゲンマスク

    さいたま市浦和にある「高梨医院」様にコラーゲンマスクを導入いただきました。術後の効果や患者様からのご意見ご感想を伺ったインタビューです。鎮静が速く保湿力や潤いをより感じられる。デリケートな肌への施術後の鎮静にも使えるのも魅力など、具体的なご意見をいただいてます。

  3. オルソクリニック銀座

    日焼け(メラニン色素)による影響を受けにくい。エイジング要因である糖化度を患者さんと共有。

    オルソクリニック銀座様 / AGEsセンサ-体内終末糖化産物測定装置-

    エイジング(老化)の第1原因は酸化といわれていますが、糖化もエイジングを引き起こす大きな要因です。糖化の状態を測定し、患者さんと現状を共有するために導入しました。AGEsセンサはメラニン蓄積による影響を受けにくい指先を測定することで、日焼けによる影響を抑えていると聞き、これまでの懸念がクリアできました。また、従来機に比べて導入しやすい価格になっていることも理由の1つです。

  4. まいこホリスティックスキンクリニック

    体内AGEs測定装置は、手軽でその場で結果がでるのがメリット。アンチエイジング診療のカウンセリングに活用しています。

    まいこホリスティックスキンクリニック様 / AGEsセンサ-体内終末糖化産物測定装置-

    糖化は老化の7大因子の1つと言われていて、最近のトピックスでもあります。AGEsの測定を通して、健康や検査について知っていただくいい入り口になると思いました。採血もなく、すぐに結果がでるのでカウンセリングにも活かしています。

トップに戻る
Copyright© FUJITEX Corporation All Rights Reserved.