アンチエイジング医療、予防医療に役立つ測定機器、検査をご紹介します。

会社概要 オンライン商談 facebook

03-5155-2030 メールでのお問い合わせ お見積依頼

ホーム > 製品情報 > アンチエイジング診療 > Inbodyシリーズ

Inbodyシリーズ

inbodyは水分・筋肉量だけでなく、脂肪・タンパク量など体成分までを簡単に測定し、評価できる体成分分析装置です。

販売価格: ご相談承ります
スピードお見積り 

当サイトは、医療関係者(医師・歯科医師等)の方に情報提供することを目的として作成・公開しています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


高い精度と再現性の技術力を誇るInBody

お問い合わせ・お見積りはこちら

メールでのお問い合わせ  スピードお見積り 

資料は各製品ページよりダウンロードいただけます。

高い精度と再現性の技術力を誇るInBody は、世界80ヶ国以上の医療施設や大学・企業の研究施設などで、臨床検査・臨床試験・栄養指導・健康指導のツールとして使用されています。
毎年各種ジャーナルに掲載される、InBodyのデータを利用した数百編に上る論文も、その優秀性と活用性を客観的に裏付けています。

InBody特徴

InBodyは生体電気インピーダンス法(Bioelectrical Impedance Analysis;BIA)を基本原理としています。
インピーダンスとは、人体に電流を流した際に発生する抵抗値であり、人体を構成する水分の量によって変わります。BIAはこの原理に基づき、人体に微弱な交流電流を流して得たインピーダンスから体水分を測定する方法です。InBodyは測定された体水分から様々な体成分の情報を提供します。

シリーズ展開

さまざまなシリーズの提案も可能です。
お気軽にご相談ください。スペック比較表はこちら

専門家用体成分分析装置 inbody 270

専門家用体成分分析装置 inbody270

inbody270
BMI測定がわずか15秒

専門家用体成分分析装置 inbody270。
体を構成する基本成分は、体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題がないか、体がむくんでいないか、身体はバランスよく発達しているかなど、人体成分の過不足を評価します。inbodyの中でも測定時間が短い機種です。
»InBody270へ
»機種別スペック比較表

専門家用体成分分析装置 inbody 470

専門家用体成分分析装置 inbody470

inbody470
携帯性に特化され、運用に便利な機能も

携帯性に加え、運用に便利な機能が追加された『InBody470』。
様々な機能が追加され、タッチスクリーンとキーパットで誰でも簡単に情報を入力することができます。
»InBody470へ
»機種別スペック比較表

専門家用体成分分析装置 inbody 570

専門家用体成分分析装置 inbody570

inbody570
セルフモード/専門家モードと、測定者の目的に合わせてカスタマイズ可能

セルフモードは、体重を計測して身長を入力するだけで測定が行えるため、管理者の立ち合いが要りません。
専門家モードは、管理者の指導の下で測定するモードで、体成分に対する詳細な情報がInBodyの画面から提供されます。
»InBody570へ
»機種別スペック比較表

医療用体成分分析装置 inbody S10

医療用体成分分析装置 inbodyS10

inbodyS10
携帯と移動に特化した体成分分析装置。

付属の専用携帯バッグにInBody を入れたままでも使用でき、測定したデータをその場でも後からでも印刷することができます。サーマルプリンターと外付けバッテリーパックも付属。
仰臥位(ぎょうがい)/ 座位/ 立位、測定者の状況に合わせて測定モードを選択可能。
»InBodyS10へ
»機種別スペック比較表

専門家用体成分分析装置 inbody 770

専門家用体成分分析装置 inbody570

inbody770
高精度な測定が簡単にできる体成分分析装置

InBody770に搭載されているSMFIM技術は、インピーダンスの測定時間を短縮することで、測定中の姿勢変化による誤差を最小化します。
複雑な操作や設定をすることなく、大画面から提供される分かりやすい案内従って、誰でも簡単に測定することができます。
»InBody770へ
»機種別スペック比較表

精密な測定を可能にするInBodyの技術力

InBodyは世界80カ国以上の医療施設や大学・企業の研究施設などで、臨床検査・臨床試験・栄養指導・健康指導のツールとして使用されています。

  • 世界特許済み】
    部位別直接インピーダンス測定法(DSM-BIA)

    InBodyの部位別直接インピーダンス測定法は、人体を右腕・左腕・体幹・右脚・左脚に分けて測定する技術です。
    断面積と長さの異なる各部位を別々に測定するため、どの体型でも同じ精度で分析できます。

  • 正確な測定を可能にする
    多周波数測定

    2種類の広帯域周波数(20kHz、100kHz)を用いて細胞内水分と細胞外水分を分けて測定する技術です。
    交流電流は周波数によって細胞膜を透過する程度が異なります。
    InBodyはこの特性を利用して細胞内外水分の均衡が崩れている方でも全体の水分を正しく測定することができます。

  • 高い再現性を実現する
    8点接触型電極法

    人体の形状を考慮して左右の手と足に各2個ずつの電流・電圧電極を配置し、計8個の電極を使用する技術です。
    電流と電圧を分離したInBodyの電極接触方式は、手首と足首の常に一定な位置から測定が始まるため、再現性がとても高く、皮膚による接触抵抗の影響が少ない正確な測定が可能です。

  • 僅かな体成分変化も感知する
    経験変数の排除

    InBodyは性別や年齢などの統計的な情報で体成分の結果を補正しません。実測したインピーダンスのみに基づいて体成分を分析するため、見逃しやすい僅かな体性分の変化まで感知します。
    これは体成分の変化を継続的にモニタリングする治療や研究を目的とする分野では欠かせない技術です。

分析項目

機種によって分析できる項目は異なります。機種別分析項目一覧はこちら

  • 体成分分析(Body Composition Analysis)

    体重を構成している体成分の測定結果を提供します。
    InBodyは4区画モデルに基づいて体成分を分析します。4区画モデルというのは、人体の構成成分を体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪の4つに区分する理論です。

    ※画像はinbody270のものです

  • 筋肉・脂肪(Soft Lean-Fat Analysis)

    筋肉と体脂肪の均衡が分かります。
    数値は各項目の測定値を示し、棒グラフは各項目の理想地に対する比率を意味します。
    100%は測定者の体格(身長)から算出した理想体重を基準とした理想値を意味します。

    ※画像はinbody270のものです

  • 肥満指標(Obesity Index Analysis)

    測定者の体型と肥満の有無が分かります。
    体重と身長を利用したBMIだけでは肥満度の判定に限界がありますが、BMIと体脂肪率の比率から体型や肥満度を把握することができます。

    ※画像はinbody270のものです

  • 部位別筋肉量(Segmental Lean Analysis)

    部位別(右腕・左腕・体幹・右脚・左脚)の筋肉量と発達速度を確認することができます。

    ※画像はinbody270のものです

  • 部位別体脂肪量(Segmantal Fat Analysis)

    部位別(右腕・左腕・体幹・右脚・左脚)の体脂肪量を確認することができます。

    ※画像はinbody270のものです

  • 体成分履歴(Body Composition History)

    測定IDの直近データを8件まで表示します。体重・筋肉量・体脂肪率を提供します。
    全体をチェックすると、全ての測定結果がグラフで表示されます。この場合、測定値は最初と最後の結果のみに表示されます。

    ※画像はinbody270のものです

  • InBody点数(InBody Score)

    一般の方が体成分の測定結果を簡単に理解していただけるように点数化したものです。徐脂肪量と体脂肪量の実測値を標準値と比べることで点数を算出します。特に医学的根拠はありません。

    InBody点数は80点を基準とし、体重調節の筋肉調節量が+1kg、脂肪調節が±1kgごとに点数は1点下がります。また、筋肉量が標準より1kg多くなるにつれて点数は1点ずつ上がります。
    点数が高い場合は、筋肉が多く体脂肪が標準的な状態で、点数が低い場合は、筋肉と脂肪の均衡が良くない状態を意味します。体内の水分均衡が崩れている場合、点数は表示されません。

    ※画像はinbody270のものです

  • 体型評価Body Type

    BMIと体脂肪率により体型評価を行います。身長、体重だけでは分からない身体の中身も考慮して入れて評価するので、より正確な評価が可能です。

    ※画像はinbody470のものです

  • 体重調節(Weight Contrul)

    適正体重は標準BMIから求める標準体重とは異なる概念です。
    標準体重は身長に相応しい体重であり、単純に身長を考慮したものですが、適正体重は測定者の体成分を考慮し、筋肉量と体脂肪量が理想的になった状態の体重です。例えば、筋肉量が多くて体重が重い場合、筋肉量をわざと減らす必要はないため、適正体重は標準体重より重くなります。

    ※画像はinbody270のものです

  • 栄養評価(Nutrition Evaluation)

    タンパク質量

    タンパク質量が標準値の90%未満の時、不足とチェックされます。低体重でよく見られ、筋肉不足や栄養状態が悪いことを意味します。

    ミネラル量

    ミネラル量が標準値の90%未満の時、不足とチェックされます。不足の場合、関節炎・骨折・骨粗鬆症等が現れやすくなります。

    体脂肪量

    体脂肪量は筋肉量との相互作用によって、不足・良好・過多とチェックされます。 標準体脂肪量の80%未満なら不足、160%以上なら過多、その間は良好と評価します。

    ※画像はinbody270のものです

  • 肥満評価(Obesity Evaluation)

    BMI

    WHO基準に従って、18.5~24.9は標準、18.5未満は低体重、25.0~29.9は過体重、30.0以上はひどい過体重と評価します。

    体脂肪率

    男性の場合、体脂肪率が20%未満なら標準、20~25%なら軽度肥満、25%以上なら肥満です。
    女性の場合、体脂肪率が28%未満なら標準、28~33%なら軽度肥満、33%以上なら肥満です。

    ※画像はinbody270のものです

  • 筋肉均衡(Lean Balance)

    上半身均衡・下半身均衡

    上半身は両腕の筋肉量の差が6%以上をやや不均衡、10%以上を不均衡と評価します。
    下半身は両脚の筋肉量の差が3%以上をやや不均衡、5%以上を不均衡と評価します。

    上下均衡

    両腕と両脚の筋肉量をグラフで表した際にグラフの長さの差が1目盛以上はやや不均衡、2目盛以上は不均衡と評価されます。

    ※画像はinbody270のものです

  • 内臓脂肪レベル(VEL; Visceral Fat Level)

    内臓の間に存在する内臓脂肪の量を推定したレベルです。

    内臓脂肪レベルを10以下に維持することが健康な状態と言え、10を超えると注意が必要です。

    ※画像はinbody270のものです

  • 研究項目 (Research Parameters)

    栄養評価や生活習慣の指導に役立つ項目を提供します。細胞内・外水分量、骨格筋量、基礎代謝量、骨ミネラル量、体細胞量などがあります。

    ※画像はinbody770のものです

  • 運動別消費エネルギー量

    計画表に沿って運動することによって体重の減少量が予想できるため、計画性のない無理な体重調節を避けることができます。

    1週間で実践できる運動を選択して、1週間分の消費量の合計を算出します。
    次の計算法を利用して1ヵ月後の予想体重減少量を求めます。

    *1ヵ月後の予想体重減少量=1週間分の消費エネルギー合計×4÷7700

    ※画像はinbody270のものです

  • インピーダンス(Impedance)

    部位別・周波数別にインピーダンスの値を表示します。
    インピーダンスは周波数を持つ交流電流が体水分に沿って流れる際に発生する抵抗であり、全ての体成分結果の基となる値です。InBody測定が最後まで正常に行われたのであれば、インピーダンスは各部位と各周波数の特性に合う値が計測されるので、下記を基準にエラーの一次判定ができます。

    ※画像はinbody270のものです

  • 体水分均衡(ECW/TBW Analysis)

    InBodyは体水分量を更に細胞内水分量と細胞外水分量に分けて測定します。細胞外水分比は体水分量に対する細胞外水分量を意味し、体水分の均衡度を反映する指標になります。

    ※画像はinbody770のものです

  • 体成分履歴(Body Composition History)

    測定ID毎に直近データを8件まで表示します。体重・筋肉量・体脂肪率・細胞外水分比が確認できます。

    ※画像はinbody770のものです

シリーズ展開

さまざまなシリーズの提案も可能です。
お気軽にご相談ください。スペック比較表はこちら

製品別特長※詳細は各製品ページをご覧ください。

製品名inbody270inbody470inbody570inbodyS10inbody770
特徴BMI測定がわずか15秒でできる体成分分析装置。携帯性に加え、運用に便利な機能が追加。セルフモード/専門家モードと、測定者の目的に合わせてカスタマイズ可能。携帯と移動に特化した体成分分析装置。簡単に高精度な測定ができる体成分分析装置。
測定姿勢立位立位立位仰臥位、座位、立位立位
測定時間15秒15秒30秒90秒60秒
電極方式8点接触型電極法8点接触型電極法8点接触型電極法8点接触/付着式電極法8点接触型電極法
プリンターオプション:専用プリンターオプション:専用プリンター※1付属※1
外付けバッテリー付属
表示画面600×1024 7inch Color TFT LCD600×1024 7inch Color TFT LCD800×480 7inch Color TFT LCD800×480 Touch Color LCD800×480 10inch Color TFT LCD
ワイヤレス(wifi)通信対応
バーコードリーダー対応
(オプション)
対応
(オプション)
携帯専用携帯用バッグ
(オプション)
専用携帯用バッグ
(オプション)
専用移動用カート
(オプション)

※1…PC経由でインボディ・ジャパンが推奨するプリンターに接続を推奨しています

分析項目 ※表示サンプルはinbody-270、inbody-470、inbody-770のものになります

製品名inbody270inbody470inbody570inbodyS10inbody770
体成分分析
筋肉-脂肪
肥満指標
部位別筋肉量
部位別体脂肪量
体成分履歴
InBody点数
体型評価
体重調節
栄養評価
筋肉均衡
内臓脂肪レベル
研究項目
インピーダンス
肥満評価
運動別消費エネルギー量
体水分均衡
部位別水分量

お問い合わせ・お見積りはこちら

メールでのお問い合わせ  スピードお見積り 
トップに戻る
Copyright© FUJITEX Corporation All Rights Reserved.