アンチエイジング医療、予防医療に役立つ測定機器、検査をご紹介します。

会社概要 オンライン商談 facebook

03-5155-2030 メールでのお問い合わせ お見積依頼

ホーム > 活用事例 > アンチエイジング診療 > 鎮静が速くダウンタイムも短い、患者様に喜ばれるコラーゲンマスク

鎮静が速くダウンタイムも短い、患者様に喜ばれるコラーゲンマスク

2018/7/27


一般皮膚科、美容皮膚科、アンチエイジングを行っている高梨医院の皮膚科・美容皮膚科、吉岡 容子 先生に「コラーゲンマスク」の導入経緯をお聞きしました。

診療で大切にされていることは何ですか

吉岡 容子 先生

大切なのは”まごころ”だと思っております。
カウンセリングの上で必要と思うことは本音でお話ししています。
そして結果を出していくこと。
アンチエイジングに限ったことではありませんが、決まった間隔でメンテナンス継続していかないと、体の組織や調子は「維持」できないものです。
どんな結果を出せばよいか、親身になって受け止めてご要望にお応えできるよう「まごころ」をもって治療させていただいています。

コラーゲンマスクを導入された理由は何でしょうか

当医院の美容皮膚科は開設して4年になります。開設してからこの4年で患者様のご要望が多岐にわたるようになりました。
美容パックひとつとっても、何のパックですか、何が入っているのですかと、詳しく聞いてこられる患者様も少なくありません。
アンチエイジングの浸透とともに患者様の知識が高くなり、当医院としても良いもの、満足できるようなものを提供しないといけないなと考え導入に至りました。

使用感や効果はいかがですか。

マスク自体の手触りが全く違います。今まで触れたことのないフワフワなマスクです。実際に施術を受けられた患者様からは「いつまでものせていたい!」と言われます。

今まで当院の鎮静で利用していたマスクは10分ほど施術部分にのせていました。このマスクに変えたところ、患者様より「もっと長くのせていたい」とのお声が多く、このマスクに変えてからは鎮静に15-20分置くようになりました。その分診療・施術時間が10分多くはなりますが、非常に使用感が良いと、患者様からはとても喜ばれています。
刺激が少ないので鎮静だけでなく刺激に弱い人にも、誰にでも使いやすいのはいいですね。
当院では普段は顔型のマスクではなくて、A4サイズのものを利用させていただいています。
やはり人によって顔のサイズが違いますし隙間も作りたくないので、手間をかけてでもカッティングして患者様に合わせて利用しています。
目を閉じていてもまぶたの上、目元、口元隙間なく貼れるのでとても喜ばれます。

患者様からの評判はいかがですか。

早い鎮静力と患者様からの評価はかなり高いです。当院では新しい取り組みを導入した際に、施術後のアンケートを取っておりますが、このマスクは8割以上の方から「とても良い」「また使いたい」との評価をいただいてます。
施術後にどうしても赤みや熱感がでる治療もありますが、鎮静が速いです。今迄だと2日間のほてりがあるような施術でも、1日~1日半ぐらいには治まっています。

一番多い意見は保湿力や潤いを感じているというところ。「肌により透明感が出た」「柔らかくなった」などの意見も患者様からいただいており、こちらのマスクのリピーターになる方が断然多いです。美容的効果以外にも鎮静力が高いのはアトピー、ニキビにお悩みのデリケートな肌への施術後の鎮静にも使えるのも魅力です。

実は導入前は一時的に使ってみて、効果がないならばやめればいいとキャンペーンの一環として導入した本製品でした。しかしキャンペーン後も希望される方が多く、引き続き今も使わせていただいています。フラクショナルレーザーやニードルRFなど、肌を削ったり針を刺したりする施術だとどうしても赤みが出てしまうのですが、鎮静力が高く、ダウンタイムが短いという点で評判がとても良いマスクです。

最後に

このマスクを導入したように”大幅に医療レベルアップする”よりも、細かいところを少しずつ変えていくことで、より患者様に寄り添った治療ができると考えています。
より性能のよい製品を導入し新しい治療ができることも革新的ですが、ちょっとしたマイナーチェンジを繰り返すことが、患者様への負担も少なく違いも分かりやすいので『喜ばれて成果の出る治療』になるのではないかと思います。

医療法人 容紘会 高梨医院 美容皮膚科様

http://www.takanashi-hp.com/

JR浦和駅徒歩2分の美容皮膚科。脳神経外科/皮膚科/美容皮膚科/整形外科/泌尿器科/健康診断に対応しています。

結果も出すころはもちろん、どんな結果を出せばよいか親身になって受け止めて、ご要望にお応えできるよう「まごころ」をもって治療させていただいています。


トップに戻る
Copyright© FUJITEX Corporation All Rights Reserved.