アンチエイジング医療、予防医療に役立つ測定機器、検査をご紹介します。

会社概要 オンライン商談 facebook

03-5155-2030 メールでのお問い合わせ お見積依頼

ホーム > 活用事例 > アンチエイジング診療 > 体内AGEs測定装置は、手軽でその場で結果がでるのがメリット。アンチエイジング診療のカウンセリングに活用しています。

体内AGEs測定装置は、手軽でその場で結果がでるのがメリット。アンチエイジング診療のカウンセリングに活用しています。

2017/10/27

体内AGEs測定装置は、手軽でその場で結果がでるのがメリット。アンチエイジング診療のカウンセリングに活用しています。

AGEsセンサを導入された理由はなんでしょうか?

山崎まいこ 院長

糖化は老化の7大因子の1つと言われていて、最近のトピックスでもあります。

AGEsの測定を通して、健康や検査について知っていただくいい入り口になると思いました。採血もなく、すぐに結果がでるのでカウンセリングにも活かしています。

1分程度で結果がでる手軽さ、スペースもとらず、コストパフォーマンスにも優れていると考えて導入を決めました。

糖化度の検査プランというのはあるのでしょうか?

ちょうど検査のプランを作ることを話していますが、いまはまだありません。診察時のお話しを通して、測定を勧めています。

患者さんの反応はいかがでしょうか?

30代後半から40代の患者さんは年齢を重ねてきた、現在の肌・健康状態を気にされている方が増えています。そういった方にご案内しています。

測定前には「数値は悪いと思います」という風におっしゃるのですが、普段健康に気をつけている方が多いので、平均よりも良い結果になることが多いですね。患者さんも楽しんで検査を受けていただいていると思います。

数値の結果を見ながら、生活習慣の改善や栄養素などの話をしています。

クリニック開業の経緯、コンセプトを教えてください。

一般皮膚科、美容皮膚科で勤務していた際は、どうしても一人ひとりの診療時間が短くなってしまっていました。

また、お肌に関して薬や体の外側からだけのアプローチでは限界があると感じていまいた。ずっと栄養学を勉強しており、体の内側から改善していく方法も併用していきたいと考えるようになりました。

そういった考えが重ねっていき、思いを実現できる場としてクリニックを開業しました。

クリニックの名前にも入れている「ホリスティック」は全体的、包括的といった意味合いがあります。体の外側と内側、西洋医療と東洋医療、あらゆる側面の良い点を組み合わせてお肌に関するすべてを提供できるクリニックをコンセプトにしています。

アンチエイジング医療で大切にしていることを教えてください。

生活習慣や摂取する栄養、腸内環境などが大切です。人から言われているだけの状態から、自分の意思で行動を変えていけるようにサポートしています。

また、楽しんで続けていくことも大切にしています。強迫観念的にストレスを抱えて生活習慣を気にしていては本末転倒だと思います。栄養的に体にいいものでも、嫌々とっていると意味がありません。逆にスイーツやアルコールも友人と楽しく話しながら食べていると、体に良いこともあります。クリニックに診察にいらっしゃる方には、アンチエイジングを楽しんでもらいたいと思っています。

まいこホリスティックスキンクリニック
まいこホリスティックスキンクリニック

まいこホリスティックスキンクリニック

http://mhs-cl.com/

渋谷区代官山に位置するスキンクリニック。一般皮膚科、美容皮膚科のほかにアンチエイジング、栄養療法なども行っています。対話を重視し、初診時のアンケートは60項目にも及び、しっかりと時間をとって診察しています。

クリニックの名前にある「ホリスティック」は全体的、包括的といった意味合いがあります。塗り薬など体の外側からだけでなく、栄養素や腸内環境など体内からも総合的にアプローチするホリスティック医療を行っています。

まいこホリスティックスキンクリニック

トップに戻る