アンチエイジング医療、予防医療に役立つ測定機器、検査をご紹介します。

会社概要 オンライン商談 facebook

03-5155-2030 メールでのお問い合わせ お見積依頼

ホーム > 製品情報 > 遺伝子検査 > アルコール感受性遺伝子検査キット

アルコール感受性遺伝子検査キット

口腔粘膜や爪(手の爪)でアルコール体質を検査します。

販売価格: お問い合わせください
スピードお見積り 

当サイトは、医療関係者(医師・歯科医師等)の方に情報提供することを目的として作成・公開しています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


製品特徴

アルコール感受性遺伝子

口腔粘や爪(手の爪)を採取することで、簡単にアルコール体質を遺伝子レベルでチェックできます。単にお酒に強い・弱いだけでなく、お酒に関する自分の体質や、将来の健康への悪影響などがわかります。

アルコール感受性遺伝子検査キットは、口腔粘膜専用と爪専用の2種類をご用意しています。採取したサンプルを郵送するだけで分析結果が返ってきます。クリニックの新サービスや予防医療のメニューとしてご活用ください。アルコール感受性遺伝子検査をお手軽にクリニックへ導入することができます。

こんな方にお勧めできる検査キットです
  • 日常生活で飲酒習慣がある方
  • 飲酒により、二日酔いや体調が悪くなる方
  • お酒を飲むと、顔が赤くなる方
  • 仕事柄、お酒を飲む機会が多い方
  • お酒が飲めないのに、仕事柄飲み会など断れない方
  • これから飲酒の機会が増えてくる20才の方

お問い合わせ・お見積りはこちら

メールでのお問い合わせ  スピードお見積り 

口腔粘膜、もしくは爪(手の爪)を採取して簡単に遺伝子検査できる

専用綿棒で口腔粘膜、もしくは爪(手の爪)を採取して、同意書とアンケート飲酒習慣チェックを記入の上、付属の封筒で分析センターへ送るだけで完了です。分析後に結果とアドバイスが届きます。アルコール体質検査から9つに分類され、リスクにより5つのアルコール体質を知ることができます。

検査の方法

自分のアルコールの体質を知ることで適切な飲酒に役立つ

飲酒経験の少なさやアルコール知識の乏しさから、適量を超えてお酒を飲んでしまい健康障害のリスクが高まるケースもあります。検査により自分のタイプを知ることで、節度ある飲酒を心がけることが可能になります。

アルコールのタイプ

ADH1BとALDH2の2つのアルコール感受性遺伝子を分析

分析対象遺伝子は、ADH1B遺伝子(rs1229984)アルコール脱水素酵、ALDH2遺伝子(rs671)アルデヒド脱水素酵素です。

ADH1B(1B型アルコール脱水素酵素)

アルコールをアセトアルデヒドに変える酵素です。 ADH1Bの遺伝子形質(タイプ)によって、アルコールの分解能力が異なっており、体質(タイプ)によって「お酒が飲める体質か、飲めない体質かどうか」を判定します。 酵素活性の判定は「低活性型」「活性型」「高活性型」の3タイプになります。

ALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)

アセトアルデヒドを酢酸に変える酵素です。 ALDH2の遺伝子形質(タイプ)によって、アセトアルデヒドの分解能力が異なっており、体質(タイプ)によって「お酒が強いか、弱いか、飲めないかそして飲酒により健康への影響が高いか」を判定します。 酵素活性の判定は「低活性型」「活性型」「非活性型」の3タイプになります。

分析対象遺伝子

アルコール体質検査から9つに分類して、リスクにより5つのタイプに分類

ADH1BとALDH2の2つのアルコール感受性遺伝子を分析することで、それぞれ「低活性型」「活性型」「非活性型」の3タイプがわかります。9つの分類から、飲酒によるリスクを5タイプに分類いたします。リスクタイプからお酒との付き合い方を見直すことができます。

5つに分類
5つのリスクタイプ
  1. 白型(依存症リスクが最も高い大酒飲みタイプ)
  2. 緑型(つい飲み過ぎてしまう大酒飲みタイプ)
  3. 橙型(飲酒によるリスクが最も高いタイプ)
  4. 黄型(飲酒によるリスクが高いタイプ)
  5. 赤型(お酒を受けつけない完全下戸タイプ)

アルコール体質の証明に使える遺伝子カードがもらえる

仕事上のお酒の席では、「飲めない」が冗談なのか本気なのか伝わりません。あなたとは「飲みたくない」と伝わってしまうことや、「実は飲みたい」と受け取られてしまうこともあります。本当にお酒が飲めない人は、遺伝子カード(検査によって自分がお酒を飲めないということを証明したカード)を使えば、誤解なくスムーズに伝わります。

5種類のジェノタイプ

分かりやすい分析結果レポート

取得したサンプルを郵送するだけで、わかりやすい分析結果が返ってきます。

各遺伝子の分析結果

あなたの健康を守るための『12の飲酒ルール』

監修:独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長 樋口 進

1.飲酒は1日平均2ドリンク以下
1ドリンクは純アルコールで10グラム。2ドリンクは、ビール1本、日本酒だと1合弱、ウイスキーだとダブル1杯、ワインだとワイングラス2杯弱の量です。

2.女性・高齢者は少なめに
中年に比べ、女性や高齢者は血中アルコール濃度が高くなりやすく、その分体を傷めたり依存を速めます。1日350mlの缶ビール1本にしてはいかがでしょうか。

3.R・RR型の体質も少なめに
日本人の約半数は、少量の飲酒後に顔が赤くなったり、心臓がドキドキしたりします。これは生まれつきの体質によるものです。この体質はアルコールの分解が遅く、様々な健康障害を起こしやすいといわれています。

4.たまに飲んでも大酒しない
たとえ飲む回数が少なくても、一時に大量に飲むと、体を傷めたり、事故の危険を増やしたり、依存を進行させたりします。

5.食事と一緒にゆっくりと
空腹時に飲んだり、イッキに飲んだりすると、アルコールの血中濃度が急速に上がり、悪酔いしたり、身体に悪影響がでたりします。あなたの体を守るためにも、濃い酒は薄めて飲むようにしましょう。

6.寝酒は極力控えましょう
寝酒(眠りを助けるための飲酒)は、睡眠を浅くします。健康な深い睡眠を得るには、アルコールの力を借りない方が良いでしょう。

7.週に2日は休肝日
週に2日は肝臓をアルコールから開放してやりましょう。そうすることで、依存も予防できます。

8.薬の治療中はノーアルコール
アルコールは薬の効果を強めたり弱めたりします。また、安定剤と一緒に飲むと、互いの依存を速めることが知られています。

9.入浴・運動前はノーアルコール
飲酒後に入浴や運動をするのは、健康障害のリスクが高まりますので危険です。また、アルコールは運動機能や判断力を低下させます。

10.妊娠・授乳中はノーアルコール
妊娠中の飲酒はおなかの胎児に悪影響があります。また、アルコールは授乳中の母乳に入り、乳児の発達を障害します。

11.依存症者は生涯断酒
依存症は飲酒のコントロールができないことが特徴で、断酒を続けることが唯一の回復方法です。

12.定期的に検診を
定期的に肝機能検査など受けて、飲みすぎていないかチェックしましょう。また、赤型(RR1・RR2・RR3)体質の習慣飲酒者は、食道や大腸の検診を受けましょう。

製品仕様

キットの種類 アルコール感受性遺伝子検査キット【口腔粘膜専用】
アルコール感受性遺伝子検査キット【爪専用】
付属品 注意事項説明書・遺伝子分析説明書兼同意書・飲酒習慣チェックリスト
お名前シール
返信用封筒
検体袋
使い方 専用綿棒で口腔粘膜、もしくは爪(手の爪)を採取
分析の流れ 検体を採取して、同意書とアンケート飲酒習慣チェックを記入の上、付属の封筒に入れて分析センターへ発送
注意 ※日本人向けに開発されています。あらかじめご了承ください。
※この、アルコール感受性遺伝子検査キットは、あなたの遺伝的な体質を判定するものであり、疾病の有無を診断するものではありません。
※採取する口腔粘膜は、飲食後30分以上経過してから、水で2~3回うがいをし、付属の専用綿棒で左右のほほの内側を、それぞれ10回程度こすります。
※採取する爪は、手の爪です(足の爪不可)
※ご送付いただきます検体の状態(量など)によっては、ごく稀に分析できないことがございます。

お問い合わせ・お見積りはこちら

メールでのお問い合わせ  スピードお見積り 

トップに戻る