アンチエイジング医療、予防医療に役立つ測定機器、検査をご紹介します。

会社概要 オンライン商談 facebook

03-5155-2030 メールでのお問い合わせ お見積依頼

ホーム > 製品情報 > 血管年齢・血圧・血液測定 > 静脈可視化装置 Stat Vein

静脈可視化装置 Stat Vein

赤外線と可視光により静脈を瞬時にスキャンします。

販売価格: お問い合わせください
スピードお見積り 

当サイトは、医療関係者(医師・歯科医師等)の方に情報提供することを目的として作成・公開しています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


製品特徴

静脈が浮き出る。

Stat Veinは、赤外線と可視光により静脈を瞬時にスキャンする視認性抜群の静脈可視化装置です。スイッチひとつの簡単静脈視認で、緊急時の静脈穿刺の安全性を大きくバックアップ。カテーテル穿刺、輸血・輸液などの穿刺における二度刺し、三度刺しも軽減できます。また、消毒用のポビドンヨードなどで処置した部位の静脈穿刺にも大きく貢献します。※写真は合成ではありません。

<Stat Veinの特徴>
  • コンパクトなハンディ型でどこでも持ち運べる。
  • 血管の検出と投影がリアルタイムのため、手ブレや振動の影響を受けず、常に正確な位置を知ることができる。
  • 皮膚から10mmまでの深さの血管を検出できる。
  • 皮膚の色、消毒用のポピドンヨード塗布などの影響を受けない。

お問い合わせ・お見積りはこちら

メールでのお問い合わせ  スピードお見積り  ダウンロード

動画紹介

ハンディタイプで持ち運びも自由自在

StatVeinは、ハンディタイプのため持ち運びも自由自在です。中央採血室や処置室はもちろん、ERやICU、手術室、病棟での静脈穿刺に、透析室、小児科外来、クリニックなど幅広くご使用いただけます。

衛生面に配慮した安心の非接触仕様で、採血・点滴業務の効率化を促進する画期的なスキャナです。

ハンディタイプで持ち運びも簡単。 Stat Vein(前面) Stat Vein(背面) Stat Vein(操作部) Stat Vein(操作の様子)

正確な皮下静脈の位置を皮膚表面に投影

還元ヘモグロビンが持つ「赤外線を吸収する」と言う特性を利用し、可視光線(約640nm)および赤外線(約 785nm)を組み合わせた光線が皮膚に照射され、反射された赤外線を2つのセンサーで感知し、正確な皮下静脈の位置を皮膚表面に投影することで皮下静脈を可視化します。

こめかみ ほほ
膝裏

オプションパーツ

ハンズフリーキット(オプションパーツ)

製品仕様

 項目 仕様 / 性能
 重量 275g
寸法 50(W)×60(D)×200(H)mm
 バッテリ BA400 リチウムイオン 3.6V 3100mAh
フル充電時の連続稼動時間 (静脈ライト点灯) 平均3時間
フル充電時の連続照射回数 約90回
充電時間(フル充電) 平均3時間
操作 温度:4℃から40℃ 湿度:5%から85%
 移動 温度:-20℃から50℃ 湿度:5%から85%
 保管 温度:-20℃から50℃ 湿度:5%から85%
オプション ハンズフリーキット HF-410 ホイールドハンズフリー HF-450
注意事項  ●StatVein は抹消静脈を確認するための補助装置であって、必ず「目視による静脈確認」 と「触診による静脈確認」をしたうえで医療行為を行ってください。
●静脈の位置確認は患者様のさまざまな要因に依存し、深い静脈、皮膚状況、体毛、傷跡、 入墨、脂肪の多い患者様の静脈を表示しない場合があります。
●全ての抹消静脈を見つけることはできません。また、静脈の深度は表示できません。

お問い合わせ・お見積りはこちら

メールでのお問い合わせ  スピードお見積り  ダウンロード

トップに戻る